カマグラ100は薬局でも買える?購入方法をくわしく解説

性に関する悩みというのは、なかなか人には相談できないもので、「性行為をしようとしても十分に勃起しない」「全く反応が起きない」との悩みを抱えている男性は意外と多いものです。

 

最近はバイアグラなどの医薬品も出ていて、病院で治療する人もいますが、生死に関わるような病気ではないので、気恥ずかしさもあって、なかなか病院にはいけないという人が大半ではないでしょうか。

 

カマグラ100もEDの改善を目的にした医薬品です。インドの製薬会社が製造している医薬品で、バイアグラとの同一の有効成分が含まれるとされています。

 

できれば病院に行かずにEDを改善したいという人のために、カマグラ100が薬局やドラッグストアで購入できるのか、どのようにすれば手に入れることができるのかについて説明しましょう。

カマグラ100はどこで買えるのか?

 

病院には通えないけれど、よく効く薬を手に入れたいという人がまず考えるのが、薬局や

ドラッグストアでしょう。最近は、医師の処方が必要だった薬でも薬局などでの販売が認められるものが増えてきました。

「自分はEDだと思うが、病院で診察を受けるのは恥ずかしい」という人の中には、薬局やドラッグストアでカマグラなどのED治療薬を購入できないか、と考えている人が多いでしょう。

結論から言うと、カマグラを含めて全般的にED治療薬の販売はされていません。それは、医薬品医療器等法(薬機法)という法律で規制されているからです。

薬機法は、以前は薬事法といわれていました。「名前は聞いたことがある」という人は多いでしょう。医薬品の取り扱いなどについて定めた法律で、この法律に基づいて、医師の処方がなければ販売できない薬や薬局などで販売してもいい薬などが決められています。

 

医薬品の分類は次のようになっています。

 

・医療用医薬品

・要指導医薬品

・第1類医薬品

・指定第2類医薬品

・第2類医薬品

・第3類医薬品

 

医療用医薬品は、医師に処方してもらわないと買えない医薬品です。医療用医薬以外はOTC医薬品といって処方箋がなくても買えます。

OTC医薬品の中でも、要指導医薬品は販売する際、薬剤師が対面で書類による情報提供をしなければならず、インターネットなどでの販売は認められていません。

第2類医薬品や第3類医薬品は、必ずしも薬剤師らの説明が必要でなく、ドラッグストアなどで気軽に買える薬です。第3類医薬品はコンビニなどでの販売が認められています。

 

では、カマグラ100はこの中のどれにあてはまるのでしょうか。

 

実はカマグラ100はどれにもあてはまりません。カマグラ100などインドで製造されている医薬品のほとんどは、日本で承認を受けていないので、病院での処方はもちろん、薬局やドラッグストアでの販売は認められていないのです。

「薬局などで売っていれば、簡単に手に入るのに」と思われる方もいるかもしれませんが、医薬品はきちんと臨床データなどを集めて申請しなければ、国の承認を得られないのです。

だからといって、カマグラ100が偽造薬だというわけではありません。あくまでも、日本で承認を受けていないだけで、インドでは医薬品として流通しています。

 

カマグラ100を手に入れるには、どうすればいい?

カマグラ100以外のED治療薬も、すべて医療用医薬品となっているので、医師に処方してもらわなければ、買うことができません。ED治療薬は病院で診察を受けなければ、購入できないのです。

しかし、「病院に通うのは恥ずかしい」「病院に行くのは面倒だ」という人もいるでしょうし、「できるだけ安く薬を手に入れたい」という人もいるでしょう。

そうした人の中には、日本では未承認のカマグラ100を個人輸入する人がいます。カマグラ100はバイアグラやバイアグラのジェネリックに比べ、かなり安く購入することができるのです。

 

カマグラ100の購入は個人輸入で

カマグラ100のように日本で未承認の医薬品は、通販サイトで買えると紹介されているのをインターネット上でよく見かけますが、はっきり言ってこれは誤りです。

日本での未承認薬は、インターネット通販であろうと売買すれば法律に触れます。

では、どこでカマグラ100を購入すればいいのか?唯一の手段が、個人で医薬品を輸入することです。個人で使う分であれば、違法薬物でない限り、医薬品を輸入してもよいことになっています。

輸入と聞くと、外国語で手続きも面倒なのではないかと思う人もいるでしょうが、手続を代行してくれる個人輸入代行業者を使うと、日本語で楽に手続きができます。

 

個人輸入の代行業者に依頼する

 

個人輸入代行というのは、輸入手続きの代行をしてくれる業者です。代行業者のサイトを使い、必要事項を記入などすれば、すぐに注文ができます。

カマグラ100など日本で未承認の医薬品を手に入れたいという人や、海外のジェネリック医薬品を安く手に入れたいという人たちが利用しています。

 

個人代行を依頼するときの注意点

個人輸入代行を行っている業者は、インターネット検索をすれば、いくつも見つかるはずです。それだけ、利用者も多いということなのでしょう。

 

しかし、個人輸入代行のサイトを通じて購入した医薬品の中には偽物もありますので、利用には十分注意しましょう。たとえ、偽物の薬を買わされて健康被害が生じても、救済を求めることはできませんし、苦情を受け付けてくれるところもありません。

もちろん、輸入代行業者も手続きを代行しただけなので、責任は負いません。医薬品の個人輸入はあくまでも自己責任だということを忘れないでください。

そうしたことを理解していただいたうえで、できるだけ偽物を買わされないようにするには、業者をよく選ぶしかありません。

このため、個人輸入代行業者を選ぶ際は、まずサイトに会社概要や特定商取引の記載があるかを確認しましょう。また、取引先の販売業者が扱っている医薬品の成分を独自に調査し、第三者機関による成分証明書や鑑定書が掲載している業者もあります。

できるだけ、そうした業者を選ぶといいでしょう。

 

日本では手には入らないカマグラ100をお得に購入する方法

 

日本では未承認で薬局やドラッグストアで購入できないカマグラ100を個人輸入する際は、できるだけ信用できる代行業者を選ぶことが大切です。

 

たとえば、お悩み宅急便という代行業者があります。お悩み宅急便は、医薬品やサプリメントなど500点以上の商品を扱っています。また、販売業者が扱っている医薬品については第三者機関による成分鑑定を行っていて、偽物を買わされる心配はないと思われます。

 

さらに、まとめて注文したりキャンペーン中に注文したりすると、割引も受けられます。注文はインターネットのほか、 電話での注文もできます。電話なら手続の方法などを確認できるので安心です。ただ、医薬品の効用や服用方法などについて、代行業者が説明することはできないので、自分で確認してから注文してください。

 

個人輸入は、自己責任であることを理解したうえで、お悩み宅急便を利用してください。

こちらの記事ではカマグラゴールドの最安値通販サイトを比較しています。あわせてご覧ください。

関連記事

カマグラゴールドは、バイアグラと同じ有効成分シルデナフィルを含んだ医薬品。シルデナフィルを使ったED治療薬の中では価格が安い、人気の製品です。   価格が安いといっても、成分はバイアグラと同じなので、バイアグラとほとん[…]

IMG