カマグラとカマグラゴールドは何が違う?違いについて解説します

バイアグラの同様の成分が含まれ、価格が安いとしてEDに悩む人たちの間で話題の薬に、インド製のカマグラがあります。しかし、インターネットで検索すると、「カマグラ」と「カマグラゴールド」と2つの商品名がヒットします。

 

「カマグラ」と「カマグラゴールド」はどこが違うのか、と疑問に思ったことはありませんか。商品名だけをみると、なんだか「ゴールド」とついているほうがよく効くような気がします。服用すれば、金ピカの毎日が待っているようなイメージがありますよね。

 

そこで、カマグラとカマグラゴールドはどこが違うのか、調べてみようと思います。

 

カマグラとカマグラゴールドの違いとは何?

 

カマグラもカマグラゴールドも、インドのアジャンタファーマ社という医薬品メーカーが製造しているED治療薬です。成分はバイアグラと同じとされ、勃起不全や勃起障害への効果が期待できます。

さて、ゴールドありとなしでは、どちらがよく効くのでしょうか。

 

その前に、カマグラの効果や成分について詳しく説明しましょう。

 

カマグラには、有効成分としてバイアグラと同じシルデナフィルが含まれています。

シルデナフィルはもともと狭心症の治療薬として研究されていました。体内で分泌される酵素の一種で、勃起の妨げとなるPDE-5(5型ホスホジエステラーゼ)の働きを阻害する作用があります。

ここで、勃起が起こる仕組みを専門的に説明しましょう。性的な刺激は大脳を経由して脊髄にある勃起中枢や勃起神経に伝達されます。すると、一酸化窒素(NO)が体内に放出され、ペニス内の血管や海綿体に一酸化窒素(NO)に伝わることでサイクリックGMP(c-GMP)という血管を拡張する物質が産出されます。

そして、ペニス内でサイクリックGMP(c-GMP)が放出されると血管や海綿体の筋肉が緩み、そのために血管が広がり血行が良くなって勃起が起こるのです。

そして、勃起後にペニスがなえるときは、PDE-5(ホスホジエステラーゼ5)が生成されています。PDE-5はc-GMPを分解する作用があり、血管や筋肉が元に戻ることで勃起がおさまるのです。

 

シルデナフィルは、血管の拡張や血流の確保を行うことでPDE-5の放出を阻害し、c-GMPの分解を阻止します。このため、性的に興奮すると勃起するようになります。

 

つまり、直接ペニスを勃起させるわけではなく、勃起できる環境を整えるわけです。ですから、性的な刺激がなければ、薬を飲んでも勃起はしません。別に理由があるときも、効果があるとは限りません。

 

以上がカマグラに含まれる有効成分シルデナフィルの働きです。カマグラもカマグラゴールドも、シルデナフィルが同じ量含まれていますが、効果にどのような違いがあるのでしょうか。

 

実はカマグラゴールドもカマグラも、効果に違いは全くありません。名前が違うだけで、含まれる成分は全く同じ、当然、効果も全く同じなのです。

 

効果は同じだが、販売先が違う

なんだか拍子抜けですが、成分も効果も同じなら、なぜ違う名前がついているのでしょう。不思議ですね。

 

カマグラもカマグラゴールドもインドのアジャンタファーマ社という同じ製薬会社で製造・販売されています。

 

厳密に言うとジェネリックではないのですが、バイアグラと同じ成分を持つジェネリックと同じような位置づけの医薬品です。ですから、コピー薬やインド版ジェネリックという呼ばれ方もします。

 

違いは販売先だけで、インド国内で販売されているものを「カマグラ」と呼び、国外向けに製造しているものが「カマグラゴールド」です。

 

日本では、カマグラの販売は認められていないので、個人輸入でしか購入できませんが、その場合はどの業者から購入するかによって名称が異なります。

 

インド国内で仕入れた商品は「カマグラ」、インド国外で仕入れた商品は「カマグラゴールド」になりますが、アジャンタファーマ社で製造された製品であるかぎり、効果に変わりはありません。

 

ED治療薬カマグラには、どんな種類が

カマグラには、カマグラゴールド以外にも関連の商品があります。

主な商品をいくつかピックアップし、ED治療薬としてどのような違いがあるのか、紹介します。

 

  • スーパーカマグラ

スーパーなED治療薬って何?とつい思ってしまいますね。スーパーな勃起力を期待する不埒な方もいるのではないでしょうか。

確かに、ED治療薬として成分のほかに、別の成分が含まれるのですが、ED治療薬としての効用を増強しているわけではありません。

 

スーパーカマグラにはバイアグラの有効成分であるシルデナフィルのほか、早漏防止に効果のある成分のダポキセチンが配合されています。

ですから、EDの悩みのほか、早漏にも悩んでいるといった方が服用しています。

 

 

  • カマグラ発泡錠

カマグラは錠剤ですが、発泡錠タイプもあります。シルデナフィルの含有量は通常のカマグラと同じです。

水に溶かして服用するので、体内への成分の吸収を早め、効き目が早いといわれています。

バイアグラやジェネリックには発泡錠がなく、シルデナフィル配合のED治療薬のなかで発泡錠はこれだけです。錠剤が苦手な方にいいでしょう。

 

  • カマグラオーラルゼリー

カマグラオーラルゼリーはゼリー状のED治療薬です。他のカマグラと有効成分のシルデナフィルの含有量は同じで、効果に違いはありません。

ただ、カマグラのシルデナフィル含有量は100mgで、一般的な日本人男性が全部飲むと効き目が強すぎ、副作用の危険もあります。半分の50mgで十分でしょう。

水なしで服用できるので、錠剤を飲み込むのが苦手な人に向いています。バナナ味やバニラ味などのフレーバーで味つけされていて、苦みを和らげています。

 

  • カマグラPOLO

カマグラPOLOは、水がなくても噛み砕いて服用できるタブレットタイプです。

通常のカマグラの錠剤は噛んでも苦いだけですが、カマグラPOLOはパイナップル味とストロベリー味があり、水がない場所でもすぐに服用できるという利便性があります。

 

 

カマグラには、服用方法が異なる商品があり、中には早漏防止の効果が期待できるものもあります。もし、カマグラを個人輸入する際は、それぞれの特徴をよく確認し、自分にあった製品を選びましょう。

 

最後にカマグラを個人輸入する際の注意点をあげます。

カマグラは日本では未承認の医薬品で、個人が自分で服用する目的でのみ、個人輸入できます。他人に売ったり譲ったりすると法に触れる可能性がありますので気をつけてください。

また、カマグラは海外向けのED治療薬ということもあり、1回分の服用量に含まれるシルデナフィル内容量が100mgとなっています。

この量は、外国人に比べ体が小さい日本人にとって多すぎるので、副作用のリスクが高まります。日本人にとっての適量は25mg~50mgとされるので、錠剤の場合はピルカッターでカットしてから服用するといいでしょう。

 

どのカマグラを選んでも効果に変わりはないので、自分に合ったカマグラを選んでください。

こちらの記事では、カマグラゴールドの最安値通販サイトを比較しています。ぜひご覧ください。

関連記事

カマグラゴールドは、バイアグラと同じ有効成分シルデナフィルを含んだ医薬品。シルデナフィルを使ったED治療薬の中では価格が安い、人気の製品です。   価格が安いといっても、成分はバイアグラと同じなので、バイアグラとほとん[…]

IMG